ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 野菜マニアック話
  4. ピーマン丸ごとレシピ、急増中!

ピーマン丸ごとレシピ、急増中!

最近「手軽」「簡単」「時短」
がキーワードのレシピが流行っているせいか、
ピーマンを切らずに、種も取らずに食べるレシピをよく見かけます。


しかし!


それは単に面倒臭さから生まれた仕方のないことではなく、


美味しいし、
栄養学観点から見ても、素晴らしいことだからです。


実は私、大学生の時から、ピーマンを丸ごと焼いてお弁当のおかずに入れていました。


理由は
・かなり楽な作り方
・ヘタもタネもワタも食べられるから
です。


関西人だと、万願寺唐辛子を丸ごと焼いて食べたりするので


ピーマンでも食べられるよね?
と思ったのがことの発端です。

私が大学生当時は、ピーマンを丸ごと食べるレシピはほとんど見かけなかったのに、今や当たり前になっています!!!


よかったら、大手の料理雑誌をみてくださいね。


さて、今日は


ピーマンのワタとタネとヘタって食べていいの?

についてお話しします。



ピーマンには独特の
・渋み成分「クエルシトリン」
→脂肪細胞の脂肪蓄積を抑制する、高血圧抑制、抗うつ作用、血中中性脂肪の上昇抑制、血流改善、関節炎予防効果などの効果

・香り成分「ピラジン」
→血栓や脳梗塞、心筋梗塞の予防、薄毛予防、美肌効果

があります。この2つが合わさることで、特有の苦味を感じるのですが、この両者はワタとタネに多く含まれています。

結論!
ピーマンのワタとタネ、食べて正解!



では
ヘタとタネとワタは捨てずに食べるとして、
ピーマンは切って調理するのはどうでしょうか?

実は、
ピーマンの豊富なビタミンCやミネラルは、切って調理すると1/3近くも流れ出てしまいます。

切ると細胞が傷つき、ビタミンやミネラルが酸化し、流出しやすくなります。

青椒肉絲やじゃこピーマンなど、千切りピーマンだからこそ美味しい料理はたくさんありますが、
それは、その従来の美味しさをしっかり楽しむ作り方をしつつも、


調理方法を変えて、新しい食べ方を見つけるのもいいと思います^ ^

例えば、こんなレシピはどうですか?

梅仕事、osakafoodstyle、なにわ料理、大阪産、女子会、大阪、天王寺、健康、野菜、和食、料理教室、健彩青果、大畑ちつる、レシピ
こちらは、レシピページで紹介している

ピーマンと重ね豚の黒酢あんかけ です。

肉と一緒に切ったピーマンを炒めると、どんどんピーマンから栄養成分が逃げるので、

ピーマンを丸ごとグリルで焼いて、縦半分に切る

そして、器に盛って、フライパンで焼いた肉と合わせています。

ピーマンを丸ごとフライパンで焼くのも油をたくさん使い、時間もかかります。

だからこそ、グリルが大活躍します。

↑のレシピを参考に、ピーマンレシピのバリエーションを広げてみてください♪





残念ながら、パプリカのタネとヘタは硬くて消化しずらいので、捨てましょう。


ピーマンの旬は8月まで!
真夏の天然のサプリメントをしっかり摂ることが、続く秋の過ごし方に大きく関わります。


タネもワタもヘタも食べられるピーマン。
まずは丸ごと焼いて、おかか醤油で食べることから始めてみてください。



“゜゚*+:。.。:+* ゚゜゚*+:。.。.。:+* ゚゜゚*+:。.。:+* ゚゜゚*+:。.。:+* ゚゜゚*+:。.。.。:+* ゚゜゚*+:。.。:

野菜の『本当の旬』を知り、
 季節の訪れを楽しみながら、
  最短ルートで和食が得意になる


なにわの料理教室 osakafoodstyle

今月も、お待ちしております^^

野菜料理教室、天王寺、阿倍野区、美章園、大阪市、osakafoodstyle、大畑ちつる、健彩青果、和食、レシピ、梅、梅干し、梅仕事、なす、大阪なす

こちらの記事もおすすめ