ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 野菜マニアック話
  4. 新玉ねぎの目利き

新玉ねぎの目利き

新玉ねぎが美味しい季節になりました!

玉ねぎの一大産地である兵庫県・淡路島の新玉ねぎは、
9月に種をまき、3〜5月に一気に収穫します。

いわゆる”普通たまねぎ”は同じ9月に種をまくのですが、収穫するのが6〜8月。
収穫後は、玉ねぎ小屋へ玉ねぎを吊るし、長期保存のために乾燥させます。水分がとび、熟成(追熟)が進むため、甘みが強くなります。

新玉ねぎは、植物の新芽が一斉に顔を出す春になると、一気に成長します。

外見は茶色の乾燥した皮ではなく、全体的に白っぽく少し茶色の柔らかい皮が付いているのが特徴です。

選ぶ際は、
新玉ねぎ、大阪産、女子会、大阪、天王寺、健康、野菜、和食、料理教室、健彩青果、大畑ちつる、レシピ
首が良く締まっているものを選んでください。
芽が出ているものは、収穫してから日が経ちすぎているもので、成長に栄養素が使われ、味が薄くなっています。

新玉ねぎは丸ごと煮込むと、トロトロになり、お箸でも食べやすくなります。 一口大に切ってお皿によそう必要なしですよ。

\\ おすすめレシピ //


“゜゚*+:。.。:+* ゚゜゚*+:。.。.。:+* ゚゜゚*+:。.。:+* ゚゜゚*+:。.。:+* ゚゜゚*+:。.。.。:+* ゚゜゚*+:。.。:

\\読むだけで、野菜の旬が身につくLINEメッセージが受け取れる//

旬の野菜をもっと美味しく食べたい方はぜひご登録ください♪

記事をシェアする

こちらの記事もおすすめ