レシピ

  1. HOME
  2. レシピ
  3. 丸ごとキュウリ漬け
調理時間 10分(漬け込む時間をのぞく)

大阪では夏ではなく、9〜12月がキュウリの旬。





 

7月までなすを作っていた農家さんが、その後に作るのが「キュウリ」。

秋にできるのに、丸々と太ってジューシーなんです。

大阪の大地と気候が秋のキュウリが育つ環境に適しているようです。

キュウリ丸ごと楽しむ料理といえば、屋台で売られている「丸かぶりキュウリ」ではないでしょうか?

少しの材料と下処理で、キュウリの苦味がとれて、まろやかになり、
優しい塩味と旨味をまとって、
ついつい1本ペロリと食べやすくなります。

丸ごとキュウリ漬け

■材料(作りやすい分量)■
きゅうり 3本
a( 昆布だし 100cc,塩 小さじ1,唐辛子 1本 )

■作り方■
1.
きゅうりは板ずりし、流水で洗って、水気を切る。ピーラーで縦縞を4本むき、フォークでところどころ刺す。
2.
ジップロックにaと1.のきゅうりを合わせ、一晩おく。

 

■備考■
キュウリ1本そのままを、aの漬け汁に漬けただけでは、味がしみこみにくく、表面のみ味が濃くなるだけです。

奥までしっかり旨味を染み込ませて、キュウリの苦味を除くために、

・ピーラーで4本皮をむく
・フォークで穴を開ける

は、必ずしてください。

ジップロックの耐久温度は100度です。出来立てのあったかい昆布だしをジップロックに注がないでください。

゜゚*+:。.。:+* ゚゜゚*+:。.。.。:+* ゚゜゚*+:。.。:+* ゚゜゚*+:。.。:+* ゚゜゚*+:。.。.。:+* ゚゜゚*+:。.。: