レシピ

  1. HOME
  2. レシピ
  3. スパイシージンジャーエール
調理時間 20分

大阪で新ショウガの食べ物と行ったら「紅ショウガ天」

ジンジャーエール、おばんざい教室、個人、野菜料理教室、天王寺、阿倍野区、美章園、大阪市、osakafoodstyle、大畑ちつる、健彩青果、和食、レシピ、なにわ料理新ショウガ、個人料理教室

「新ショウガ」の名産地である和歌山が近いからこそ生まれた料理かと思います。

和歌山市内でショウガの栽培が始まったのは大正時代と言われ、ハウス栽培が始まったのは昭和45年頃。

5月から10月まで新ショウガまで出回ります。



特に6月から9月の大阪市場では100%近いシェアがあります。

主な栽培地は和歌山市の海に近い砂地畑地帯(湊、松江、布引、小豆島(あずしま))で栽培面積は36haあるそうです。


さて、そんな新鮮な「新ショウガ」が手に入りやすいからこそ、

作るべし「手作りジンジャーエール」!

薬膳のチカラを加えて、より本格的に健康的にしました。

〜スパイシージンジャーエール〜

■材料(出来上がり分量200cc分)
新ショウガ 200g
———-
【スパイス】
シナモン 小さじ1
ローリエ 1枚
クローブ 2粒
———-
黒糖 100g

■作り方
【1】新ショウガは包丁で皮をこそげとって流水でよく洗い、
新ショウガ洗い、おばんざい教室、個人、野菜料理教室、天王寺、阿倍野区、美章園、大阪市、osakafoodstyle、大畑ちつる、健彩青果、和食、レシピ、なにわ料理

薄切りにする。



【2】鍋に新ショウガ、黒砂糖を入れて10分おき、新ショウガから水分を出す。
【3】水400ccを入れて弱めの中火にかける。煮立ったら火を弱め15〜20分ほど、水分が半量になるまで煮詰める。スパイスを取り除いて、「スパイシージンジャーエールのシロップ」出来上がり!

【保存について】
■5日以内に消費できる場合は、ペットボトルにシロップを入れて保管してもいいです。
■長く保存したい場合は熱湯消毒した瓶にシロップを入れ、粗熱がとれたらしっかりフタを閉めてください。
■シロップは冷蔵庫で保存すれば1カ月ぐらい持ちます。

【使い方】
■氷を入れたグラスにシロップ5cc、炭酸50ccを注ぐと「ジンジャーエール」として楽します。

■フルーツにかけたり、紅茶やほうじ茶に加えたりしても美味しい。

【出し殻になった新ショウガの使い方】

新ショウガ、おばんざい教室、個人、野菜料理教室、天王寺、阿倍野区、美章園、大阪市、osakafoodstyle、大畑ちつる、健彩青果、和食、レシピ、なにわ料理

■シロップにそのまま漬けて食べごろは3日後。刻んで焼き菓子などの生地に加えたりして利用するとよい。
■乾燥させると「ドライ新しょうが」になる。
〜オーブンで〜
クッキングシートを広げた天板に新ショウガを広げ、
120度に温めたオーブンで30分焼く。取り出して、裏返し、段々水分が抜けて反り返ってきます。パリパリの状態にした方が保存が効くので、さらに30分焼く。

〜自然乾燥〜
ザルやケーキクーラー等の網に新ショウガを広げ、1日干す。


“゜゚*+:。.。:+* ゚゜゚*+:。.。.。:+* ゚゜゚*+:。.。:+* ゚゜゚*+:。.。:+* ゚゜゚*+:。.。.。:+* ゚゜゚*+:。.。:

やさい料理研究家・大畑ちつる
youtubeチャンネルはこちら↓
https://www.youtube.com/channel/UCp1XY_fEkRUMTMpvE892fKg

“゜゚*+:。.。:+* ゚゜゚*+:。.。.。:+* ゚゜゚*+:。.。:+* ゚゜゚*+:。.。:+* ゚゜゚*+:。.。.。:+* ゚゜゚*+:。.。:

concept   
野菜を主役に季節をめぐる365日の幸せな食卓

野菜づくしの普段のおかず
『なにわのおばんざい』をお教えしています。

なにわの料理教室 osakafoodstyle


今月も、お待ちしております^^

やさい料理研究家、大畑ちつる、阿倍野区、大阪市

上記クリックしても登録できない場合は
LINEのID検索画面にて

@ogk2056x

をご入力ください。