レシピ

  1. HOME
  2. レシピ
  3. 【TV披露レシピ】ゴボウもりもり!鮭の南蛮漬け
調理時間 20分(浸す時間は除く)

甘辛い味付けが一般的なゴボウを、さっぱり爽やかな味に仕立てました。


ゴボウがたっぷり入った鮭の南蛮漬けです。
「ゴボウの南蛮漬け、鮭入り」と言っていいほどです。
しっかり炒めた香ばしいゴボウに、鮭と昆布の旨みがしみています。

ゴボウもりもり!鮭の南蛮漬け

【材料(4人分)】
鮭 2切れ, 酒 大さじ1, 小麦粉 適宜, 油 大さじ3
ゴボウ 1本(150g), 玉ねぎ 1/2個
南蛮酢(昆布だし・酢 各50cc 砂糖・薄口しょうゆ 各大さじ1.5)


【作り方】
1.
玉ねぎは薄切りにする。深めの保存容器に入れて、砂糖と合わせておく。
鮭は半分のそぎ切りにし、酒を絡めて10分置く。水気を拭き、小麦粉をはたく。ゴボウはささがきにする。
2.
フライパンに、油大さじ1/2をそそぎ、ゴボウを加え、全体を大きく混ぜたら、蓋をし、3分間、弱めの中火で蒸し焼きにする。
全体が透き通り、ほんのり香ばしい焼き色がついている事を確認するしたら、
1.の保存容器に移し、薄口しょうゆをかけて和える。
3.
同じフライパンに油大さじ2を足し、鮭の両面を2分ずつこんがり焼く。
2.の保存容器の底に焼いた鮭を入れ、上から覆うように玉ねぎとゴボウをのせて、ラップをし、冷蔵庫に入れて30分〜一晩おく。

【備考】
この工程で一番重要なのは、
ゴボウの火通りと、ゴボウの味付けです。
2.の工程で、ゴボウはちゃんと炒まっているか、確認してください。
少し食べてみて確認するのが、確実です。もし香ばしい味がせず、生っぽかったら、さらに2分追加して蒸し焼きにしてください。
焼きたてアツアツのゴボウに、すぐに薄口しょうゆを絡めると、味がしっかりつきます。
鮭は翌日までに食べきってください。ゴボウは3日間、保存可能です。

“゜゚*+:。.。:+* ゚゜゚*+:。.。.。:+* ゚゜゚*+:。.。:+* ゚゜゚*+:。.。:+* ゚゜゚*+:。.。.。:+* ゚゜゚*+:。.。: