レシピ

  1. HOME
  2. レシピ
  3. 麹のチカラで美味しい!トマトソース&ゆで鶏
調理時間 20分

塩麹に次ぐ新しい調味料玉ねぎ麹

塩麹の進化系調味料で、玉ねぎ、塩、米麹を合わせ、発酵器やヨーグルトメーカーで60度10時間以上、加温して作ります。

塩よりもまろやかな塩味で、塩麹よりも玉ねぎを使っている分、旨味と甘味たっぷりです。

魚に塗って焼いたり、手持ちの味噌と合わせてお味噌汁に入れたり、ドレッシングに使ったり・・・塩の代わりとして使えます。

作り方は こちら>>

2022年10月に販売予定!詳しくはHPにて配信します。


玉ねぎ麹を使った料理2つご紹介

玉ねぎ麹を使ったおすすめ料理2つをご紹介します。

\うま味たっぷり/
自家製トマトケチャップ


たっぷりのトマトに、セロリ、リンゴ、数種類のスパイスを合わせて1時間以上かけて作る「ケチャップ」を20分で作る方法をご紹介。無添加で安全安心の調味料です。

■材料(作りやすい分量)■
トマトピューレ 1瓶(200g)
玉ねぎ麹 大さじ4
酢・砂糖 各大さじ1
ローリエ 1枚, クローブ 2粒

■作り方■
鍋にすべての材料を入れて、強火にかける。フツフツ小さい泡が出てきたら、弱火にして20分煮込む。

■備考■
冷蔵庫で2週間保存。ピザソースとして、パスタソースとしてお使いください。できたてよりも翌日の方がまろやかになっています。

ぷりぷり茹で鷄

麹が持つタンパク質分解酵素・プロテアーゼの効果で、加熱するとパサパサしがちな鶏胸肉がしっとりぷりぷり食感になります。旨味も甘みも増えて、そのままでも食べたくなるサラダチキン風の味わいです。

■材料(2〜3人分)■
鶏むね肉 1枚(250g)
玉ねぎ麹(塩麹でも◎) 大さじ1

■作り方■
1.
鶏むね肉は皮をはいで、半分に切る。ポリ袋に玉ねぎ麹と鶏肉を入れ、よくもむ。冷蔵庫に入れ、15分〜2日置く。
2.
鍋で水500ccを沸かす。1.の鶏むね肉を入れ、蓋をして火を消す。15分置く。

■備考■
余熱で火を通します。グラグラ煮ると、鶏肉から水分や油分が流れ出て、パサパサに仕上がります。

レシピをシェアする

その他のレシピ