レシピ

  1. HOME
  2. レシピ
  3. なにわ風白菜ミルフィール鍋
調理時間 25分(煮込み時間15分込み)

旬の白菜がどんどん食べられてしまう、人気料理!

お揚げさんを入れ、昆布を一緒に入れて煮込んで「なにわ風」に仕立てました。

白菜の旨味、昆布の旨味、豚肉の旨味、
全てを吸ったお揚げさんが美味しすぎると大好評です。

なにわ風とは
・素材の味(個性)が第一
・昆布だしと薄口しょうゆを使った、出汁がしみた美味しい味にしている
・和食である(お米に合う)

つまり、

食べれば食べるほどにあとを惹く、また食べたくなる味。

白菜の旬の時期に、ぜひ作ってみてください。

~なにわ風白菜ミルフィール鍋~

■材料(2人分)■
白菜 1/2株(600g),
豚バラ薄切り肉 150g, 油揚げ 2枚
昆布 3g,
a(水 200cc,薄口しょうゆ 大さじ2,みりん 大さじ1)

■作り方■
1.
油揚げは熱めの流水でもみ洗いし、2cm幅に切る。
白菜は1枚ずつはがし、白菜と豚肉と油揚げを交互に重ねる。

写真のように、重ねる際、葉は上下(根元と葉先)逆さまにして重ねる
4等分(5cm幅ほど)に切り、鍋のフチに沿って敷き詰め、
※葉が大きいものなら、縦半分に切り、その後、4等分にする。

2.
隙間に昆布を入れ込み、全体にaを回しかけ、蓋をして、中火にかける。

沸騰したら、弱火に落とし15分煮込む。
途中蓋を開ける。隙間ができているので、白菜を軽く倒して、煮汁にひたたるようにする。

3.
蓋を開け、白菜がくったりなったことを確認したら、火を消し、煮汁と共に器によそう。

■備考■
煮汁も美味しいので、スープ感覚でお召し上がりください。
片栗粉でとろみをつけて、あんかけにするのもおすすめです。
生姜や柚子胡椒など、薬味との相性も抜群です。

■白菜の旬情報■
冬場の白菜の生産量は圧倒的に多く、全国生産量No.1は茨城県です。戦後、夏場のすいかと冬場の白菜を組み合わせた経営が広がり、生産が拡大したそうです。
11月から1月にかけての東京都中央卸売市場への出荷量のシェアは9割近くにもなります。

寒さ(霜)は白菜の天敵です。
寒さから身を守るために、葉に蓄えたでん粉などをブドウ糖へ変化させ、体の中の水分が凍る温度(凝固点)を低下させます。白菜が寒さにあたると甘みが増すと言われる理由は、この自己防衛により糖分が増加するためと考えられています。