レシピ

  1. HOME
  2. レシピ
  3. タラと焼き大根の炊いたん
調理時間 20分

寒くなるほど、恋しくなる「大根の炊いたん」

出汁がしみた柔らかく炊き上がった大根は、寒い体にしみますよね。

実は、やさい料理研究家・大畑ちつるは、「大根の炊いたん」が苦手でした。

独特のえぐみを、私の味覚が感知しやすいらしく、
特に練り物と合わせて作った煮物は、苦手(><)


練り物に含まれる化学添加物と、
大根のえぐみが合わさった味が、
私の味覚センサーに拒否されるようです。


私は、おでんをつついて「出汁がしみた大根が一番美味しい」と呟く方々がうらやましかったです。


そこで!
常日頃から、大根が苦手な私でも食べられる「大根の炊いたん」レシピを考えています。


ポイントはえぐみを消すこと

今回はごま油で両面を焼く

ことで、香ばしさとごま油の香りでえぐみを隠しました。

大根1/2本を使って作ります。
 2人で食べるにはたっぷりなので、
半分は作りたてを、半分は翌日に、
お召し上がりください。

出来立て熱々も、
翌日の味がしみたのも、
違った味で美味しくいただけます^ ^


■材料(2人分)■
タラ(切り身) 2切れ
※4人分で作る方法はページ末尾
大根 500g(1/2本)
酒 50cc
a(薄口しょうゆ 大さじ1.5, みりん・砂糖 各大さじ1)

■作り方■
1.
大根は皮をむき、横に1.5cm厚に切り、半分に切る(半月切り)。
タラは半分に切り、酒を絡めておく。

2.
幅2cmに切る。フライパンにゴマ油を熱し、大根を入れる。強火で両面を1分ずつ焼き、両面をしっかり色よく焼く

大根が多いので、焼けて半量ずつ焼いてもいい。
→半量を両面焼いて取り出し、半量をまた焼いて取り出す

フライパンに広げた大根の上に、aを回しかけ、中火にする。
タラを並べ、絡めていた酒を回しかけ、蓋をして5分蒸す。

3
.

蓋を開けて、
タラと焼き大根の炊いたん、osakafoodstyle、なにわ料理、大阪産、女子会、大阪、天王寺、健康、野菜、和食、料理教室、健彩青果、大畑ちつる、レシピ、ごごナマ

タラを取り出す。
大根に煮汁を絡めながら煮付けて、火を消す。

器にタラと大根をよそう。
大根は多めなので、半量は次の日のために取り置いてもいい。

■備考■
大根をしっかり焼くことで、大根のアク(えぐみ)がマスキングされます。マスキングとは、隠れること。油で焼くと
・焼けた香ばしさ
・油の膜
でアクが包まれて、舌の上でアクを感じにくくなります。

■4人分で作る方法■
タラを4切用意し、大根も調味料もそのままの分量で作ります。
調味料の分量がそのままなので、味が薄くならないようにします。

タラの切り身を半分に切った後、塩を薄く表面にふる。
5分後、水が出てくるので、ペーパータオルで水気をふく。

あとは同様に調理してください。

“゜゚*+:。.。:+* ゚゜゚*+:。.。.。:+* ゚゜゚*+:。.。:+* ゚゜゚*+:。.。:+* ゚゜゚*+:。.。.。:+* ゚゜゚*+:。.。:

concept 
  120%、野菜が好きになる
 

なにわの料理教室 osakafoodstyle


今月も、お待ちしております^^

野菜料理教室、天王寺、阿倍野区、美章園、大阪市、osakafoodstyle、大畑ちつる、健彩青果、和食、レシピ、梅、梅干し、梅仕事、なす、大阪なす


やさい料理研究家、大畑ちつる、阿倍野区、大阪市

 

上記クリックしても登録できない場合は
LINEのID検索画面にて

@ogk2056x

をご入力ください。